糖尿病専門医の求人特集【人気求人サイトランキング掲載中!】

糖尿病専門医求人 TOP >> 糖尿病専門医の求人の基礎 >> 糖尿病専門医の勤務先

糖尿病専門医の勤務先

糖尿病というのは、病気ではなく症候群です。そうなるとあまり深刻に悩むことはないのかも、と錯覚してしまいますが、実際はそうではなく、こうした小さな病が体の様々な部分に影響を与えている、怖い病気です。普段の生活習慣との関連性が高い2型糖尿病では、日本人の中高年の4、5人に1人が予備軍であるというデータもでてきています。

そのため、すでに糖尿病予備軍の人をなんとか糖尿病にさせないような努力が臨床の現場では急務になっています。確かに糖尿病には、画期的な新薬や、ジェネリック医薬品もありますが、糖尿病は一度かかると完治することはなく、また合併症が怖いのです。

糖尿病神経障害といって、足の先の裏、手の指などに痛みが走り足潰瘍や足壊疽になる可能性もあります。糖尿病網膜症は、高血糖により眼の網膜にある血管が蝕まれ、進行してしまうと失明します。糖尿病腎症は、最終的に人工透析治療を受けるまで悪化し、生活や仕事などに相当な影響がでてきてしまうことなどが恐ろしいのです。

総合病院やクリニックでは多くの糖尿病患者さんを抱えていますが、こうした合併症の疑いがあるときは、それぞれの専門科医との連携が必要となります。そしてなんとか症状が進行しないように、食い止める、悪化しない経過観察が必要です。また、糖尿病の場合には、薬というよりは生活習慣です。様々な療法をすすめ、医師と患者の二人三脚で症状を抑えていくしかありません。

まだ一般に糖尿病専門医の存在が広く知られている訳ではないので、患者さんが選んでそれらの医師がいる医療機関を受診するとは考えられませんが、かなり重症化した患者さんが大学病院などでこの糖尿病専門医の診断を受けることはありそうです。

ただ、糖尿病の専門医だからといって、特別他の診療科よりも急患が多いとか、また就業時間が長いとかいうことはなくて、普段は普通の内科医として、序族の病院、そしてクリニックなどで働いています。就業時間は入院施設があるところであれば、ときには当直勤務をすることはあるでしょう。

ただ、糖尿病の場合、低血糖発作などで急患で運ばれる患者さんいます。急患で運ばれた患者さんが緊急で専門医の診断を受けなければならない場合は、突然の出勤になるケースもないことはありません。この低血糖発作が、糖尿病のなかで最も恐れられ、ときには脳にダメージを与えるケースもあります。糖尿病専門医として、これらの急患に適切に対処し、糖尿病のリスクを説明し、そして予備軍の人への呼びかけをしていくことが望まれます。

糖尿病専門医の求人特集!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>糖尿病専門医の求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2015 糖尿病専門医の求人特集【人気求人サイトランキング掲載中!】 All Rights Reserved.