糖尿病専門医の求人特集【人気求人サイトランキング掲載中!】

糖尿病専門医求人 TOP >> 糖尿病専門医の求人の基礎 >> 糖尿病専門医の合格率

糖尿病専門医の合格率

糖尿病専門医の認定を受けるには、試験を受けなければなりませんが、その試験を受ける資格を得るにはさまざまな基準を満たす必要があります。提出する書類も多いので、準備に追われて大変です。推薦状や論文、そして臨床経験の症例や件数など細かい規定がありますが、その書類や実績がしっかりしていれば、決して取得は難しいものではありません。ただし、受験対策などがある訳ではないので、経験者に意見を聞いて対策を練りましょう。

ただ、糖尿病専門医合格率は、半分前後、つまり50パーセント前後で、非常に難しいと現場では言われています。最近は提出する書類の審査などが多少緩和され、合格者が増えている傾向はありますが、それでも合格率は芳しくないようです。この認定を受けるのに、相当数の糖尿病患者の診療経験が必要になるので、やはり内科医などを続けながら、論文を書きながら資格要件を満たしていくという、大変な仕事になっていきます。

ただ、毎日の忙しい現場の中で、2型診察患者数を200以上見ることは珍しいことではありませんし、海外での糖尿病専門医としての資格を持つ人も考慮されるということで、ある程度の実績があれば取得は可能です。

一番の問題なのは、この糖尿病専門医のことがあまり一般には知られていないし、あまりにもありふれた病として、糖尿病が軽視される傾向があるということです。確かに致命的になってしまう癌などに比べて、糖尿病は命に直結するとはありませんが、それでも重篤な合併症で、生活の質をことごとく悪くしてしまいます。しかし、予備軍の人々は、それに気づくことなく、どんどん病状を悪化させてしまいます。

糖尿病専門医は、予防医療の点で、重要な役割を果たすべきです。セミナーやイベントなどで糖尿病や生活習慣病の恐ろしさを啓蒙するとともに、糖尿病専門医としてかなり症状が進んでしまっている患者さんと向き合って、その生活の質や仕事との両立ができるように患者と相談したり、合併症を持てばその専門医との連携をしていきます。

資格取得や認定がすべてではなく、現場で活躍できる十分な知識と能力を磨き、これからの生活習慣病予防に貢献できるよう、資格倒れにならない活躍ができるように毎日の臨床現場で学べることはすべて学びましょう。学会への参加や論文の執筆など、資格取得自体がゴールではなく、本当の勝負はこれからなのです。資格を取得したら糖尿病治療のエクスパートとしての活躍を期待されるのです。

糖尿病専門医の求人特集!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
医師転職ドットコム 無料 全国 ★★★★★ 詳細

>>糖尿病専門医の求人サイト人気ランキングを見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2015 糖尿病専門医の求人特集【人気求人サイトランキング掲載中!】 All Rights Reserved.